×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

心療内科や精神科で用いられている心理的療法です。おそらく町にあるクリニックではあまり行われていないかもしれません。
この療法が自分に合いそうかな、と思われたらネットや書籍などでその療法を行っている病院を探されるのがよいと思います。



心理学的療法 簡単な説明
自律訓練法  リラックスした状態を作り、緊張をほぐす方法です。自分で簡単にできるのでおすすめです。
行動療法 自分が不安でさけていることを行い、大丈夫であると自分に認識させる方法です。
認知療法 自分のこころのくせを知ることで、症状の改善を図ります。
森田療法 症状を取り除こうとがんばるのではなく、症状を持ちながらもそれを受け流すという、発想の転換をとおして症状を改善していく療法です。
催眠法 非常に集中力の高まった状況を作り、催眠術者の言葉を自分の心の中に入りやすくすることで、心理的操作を行います。
芸術療法 絵を描くなどといったことで、自分の心を解放する療法です。
内観法 自分の過去を振り返り、他人に生かされてきたことを知ることで、安心感を得ることができるようになります。
精神分析療法 自分の思うままに語っていき、それを医師に分析してもらいます。
ゲシュタルト療法 自分を成長させ、自分をコントロールできるようにし、自分らしく生きていくための方法です。
交流分析 自分と他人との関わりを分析し、対人関係の改善を図ります。
バイオフィードバック療法 自分の身体的変化(心拍数、血圧など)を、機械で測定し、客観的に自分の症状をとらえることで症状を改善していきます。

 |HOME|