×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

精神分析法

精神分析法の実際
     
一回50分のセッションを曜日と時間を固定して週4回程度行います。
患者は寝椅子に臥床して、
思い浮かぶことをそのままに自由に語ってき、医師はそれを中立的な姿勢で傾聴します(自由連想法)。それにたいして、医師は患者が伝えることで患者自身があまりはっきり気がついていなかったことに焦点を当て、患者が気がついていなかった問題や葛藤を指摘し、解釈を伝えます
この治療の中で無意識の内容が意識に上ってきやすくなります。そしてこの治療の中で患者は医師に対してさまざまな考えや感情もちます(
転移といいます)。これらを医師は理解し吟味します。また治療が進むにつれて、患者は無意識に沈めていた現実と向き合うこととなりそれにたいして、不安をおぼえ、治療の進行を拒む現象がおこります。これを抵抗といいます。

このことによって
心の傷の原因や理由を調べ、本人にこころの深層の本当の理解を促し、治療していく方法です。この治療方法は、精神療法を専門とする精神科医や臨床心理士等が心の動きなどを理解して進めるため、自分に合った治療者を見つけることが重要となります。



|戻る| |HOME|